会津若松医師会


 

医師会モットー

「医療を通して、地域の発展に貢献します。」

そのため

医療機関の運営を安定化させ

診療レベルを標準化させ

少子・高齢化社会へ対応するため他職種と緊密に連携していきます。

会津若松医師会
会長 矢吹 孝志
 

医師会の沿革

. 明治39年 医師法制定とともに、若松医師会創立。
. 昭和22年11月 新憲法制定とともに、社団法人若松医師会設立。
. 昭和30年12月 社団法人若松医師会を社団法人会津若松医師会と改称。
. 昭和42年4月 会館起工式。
. 昭和42年10月 会館竣工。落成式。
. 平成26年4月 福島県知事より公益社団法人の認定を受け、
社団法人会津若松医師会から公益社団法人会津若松医師会に改称。
. 平成28年6月 会館起工式。
. 平成29年3月 会館竣工。
. 平成29年4月 現在のアピオ卸商団地内(インター西33-5)へ新築移転。

 

医師会の概要

.現在、会員数約220名(勤務医約130名、開業医約90名)を擁し、総務、学術、地域医療の各分野に合計30以上の委員会を設置して活動しています。 

.附属施設として、会津准看護高等専修学校を有し、2年課程で1学年定員20名、計40名の准看護師を養成しております。 

.また、各市町村との契約事業として、乳幼児健診予防接種、各種がん検診、特定健診、学区毎健康教育、介護保険、障害自立支援への協力など、地域の保健・医療・福祉に幅広く貢献しています。 

 

問い合わせ情報

電話番号 
(0242)23-7737 
FAX 番号 
(0242)93-5135 
住所 965-0059 
会津若松市インター西33-5
(社)会津若松医師会

ご意見・ご要望はこちらからどうぞ